事務所理念  We are on your side.

ホームページにお立ち寄りくださりありがとうございます。
社会保険労務士の上分希巳江と申します。ジョウブン キミエと読みます。

会社様の理念を尊重しながら「お役に立てること」を常に追求し、一番の味方を目指す社労士事務所です。

弊所が助成金申請をお勧めするのには二つの理由があります。
助成金を受給するためには、適切な労務管理が欠かせませんので、法定帳簿の確認を行います。
その際に改めて残業時間、休日・休暇を見直すことで、無駄な作業や仕事の属人化など、改善すべき点を発見できることがあります。
適切な労務管理で、働く人に配慮した企業としてのイメージアップになり、良い人材の確保につながります。これが一つ目の理由です。

二つ目は、受給した助成金の使い道は自由なので、アイデア次第では社員のモチベーションアップにつながる福利厚生費や教育訓練費にも有効に活用できます。
残業時間は減ったけど、収入も減ったでは、社員のモチベーションは下がってしまいますので、短い時間で成果を出した社員への手当に充てるのも有用かと思います。
このように、一人ひとりの生産性が上がれば利益も上がるという仕組みを作り出すきっかけとして、助成金をお勧めしています。

ぜひ活用していただきたい助成金ですが、国の政策により増えたり減ったり、変更もしますので、見逃してしまう事もあるかと思います。
そこで弊所では、顧問先様に最新で最適な情報提供とご提案を心掛けています。
ご存じのとおり、加速する労働力人口の低下や長時間労働による過労死問題を背景に、2019年4月から働き方改革関連法が順次施行されています。
中小企業では、2019年4月に年次有給休暇の確実な取得、2020年4月には時間外労働の上限規制と続く矢先、2020年の新型コロナウイルスの影響で否応なしに働き方が変わりました。
急遽対応に迫られ、不十分だった規定の整備や、新たな働き方の導入など、改めて労務管理を見直す際にも助成金の活用を視野に入れることをお勧めします。
助成金には、採用の促進や雇用を維持するもの、職場環境を改善するものなど、たくさんの種類があります。
非正規労働者を減らすという国の政策により、非正規雇用から正規雇用へ転換するものなどは、既に多くの会社様が受給されています。
私達と一緒に、助成金受給にチャレンジしてみませんか?

また、弊所では電子申請をいち早く取り入れ、労働保険や社会保険に関わる手続きを、正確かつスピーディーに行っております。
入退社に伴う手続きや給付金申請はもちろん、就業規則や36協定の届出も電子申請で行うことにより、役所へ移動する手間と時間を省きました。
そのため、法定帳簿の整え方や給与計算の仕方などの細かな実務や、労働相談などに余裕をもって対応できております。
社員の皆様が健康で意欲的に働ける環境が会社の発展につながり、また社会貢献にもつながるという好循環を、これからも目指し続けます。

電子ならではのメリット

・入退社のみでなく、給付金の受け取りが早い!
・窓口での待ち時間がないから、4月の集中期間もスムーズ!
・申請の度に押印していただく手間を取らせません!
・社労士の電子証明で申請OK!事業主様電子証明は不要です!
・行政機関窓口に行かずに申請できるので遠方の企業にも対応!
・帳票の電子配信による迅速化とペーパーレス化が可能!

私たちが取り組む3つの安心

いつでも相談できる安心

追加料金を気にすることなく些細なことでも、何度でもお気軽にご相談いただけます。

電子申請によるスピード申請

長年の実績で正確かつ迅速な手続きを行います。

顧問社労士がいると

会社状況を理解しているから、急なトラブル、規定の見直しで、一から説明するわずらわしさがありません。

SRPⅡ認証事務所

社労士マーク最大

上分希巳江社労士事務所は「社会保険労務士個人情報保護事務所」に認証されております。お客様の個人情報は機密扱いとし、依頼された事務代行手続きにのみに使用され、それ以外のために使用することはありません。